結婚・離婚

松居一代、船越英一郎と離婚。母に生電話報告するも息子とは話せず。

投稿日:

世間をお騒がせしていた船越英一郎さんと松居一代さん(主に松居さんが)ですが、ついに離婚が成立したようです。

息子さんとは裁判上の約束でお話できないみたいですが、代わりに滋賀県にいる母に記者陣の前で離婚の報告をするなど、記者会見を行っていました。

松居一代「めでたく船越と離婚することができました。」

「船越は大っ嫌いです。あ、お願いが、実家の母に電話させてください。」

意気揚々と離婚会見をする松居一代さんであった。

 

 

船越英一郎も、その派手なパフォーマンスに困惑していたが、やっと解放されることに胸をなでおろしてもいた。

 

 

翌日、松居一代は故郷にある母校を訪ねていた。

 

 

 

離婚の垂れ幕を校舎に垂らして更なる祝杯をあげていた。

 

松居一代さんならやりかねないです。生電話はかなりびっくりしました。紅白での小林幸子と美川憲一の衣装合戦のように、泰葉さんとメンヘラ合戦しているのかもしれません。

 

リベンジカツラは駄目

私的にはカツラの暴露のような事がダメでしたね。これもうリベンジポルノならぬ、リベンジカツラですよね。

勿論ウソかもしれませんが、カツラだとかEDだとかそういう何でしょう、男としての尊厳に関わるような事は言っちゃダメだと思うんです。逆に男性は女性のデリケートな秘密は絶対に言っちゃだめですし、そういう攻撃の仕方は良くないです。

戦争なんかでも枯葉剤とか一部の兵器は残虐すぎて禁止協定が結ばれていますが、人間関係でもちょっと惨過ぎて、それはやっちゃダメな行為ってありますよね。リベンジポルノとかも私はそうだと思いますし、これは具体的にリストアップして法律で取り決めたほうがいいかもしれません。

常識的な恋愛のルールだと思いますが、守れない人がいるのであれば法律で決めるしかありません。船越さんはどういったカツラを被っていたのか、気になっている自分が情けないですが、この松居さんの行為は本当に良くないと思います。

 

松居一代さんはまだ好き

私はまだ松居一代さんが船越英一郎さんを好きなんじゃないかなあと考えています。

この離婚の裁判も、まだかまってちゃんとしての行動で、どこかで船越さんが後ろからギュしてくれることを望んでる気がします。よく女性が最終手段として別れるならここから飛び降りてやるなどと脅すやつと同じなんじゃないでしょうか。

なので2時間のサスペンスドラマでいうとまだ1時間半ぐらいの段階で、これから更なる展開がありそうな気がします。

 

船越さんかわいそう

心中お察しします。

言い返したい気持ちもあったと思うのですが、耐え忍んで我慢されました。ボクシングでいうと亀ガードでただ耐え忍んでるだけだったのですが、相手が反則攻撃を繰り返して失格、勝ちをもぎ取った感じじゃないでしょうか。

戦略としては大正解でした。世間は誰も船越さんが負けたと思っていないはずです。というか1.2度の浮気があったとしてもおつりがくるレベルじゃないでしょうか。

 

崖際の船越さん

2時間のサスペンスドラマにて、よく崖際で事件を解明しているイメージがあります。

今回もイメージ的にある意味崖際かもしれませんが、崖は船越さんのホームでもあるので、この窮地を脱して、今の変なイメージを払拭しまた2時間ドラマでバリバリご活躍されるよう応援しております。

という事でリベンジカツラは絶対にやめましょう。

-結婚・離婚

Copyright© 漫画ワイドショー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.