俳優

橋爪功、NHKにて差別用語を発しアナウンサー謝罪

投稿日:

NHKの「ごごナマ」にて橋爪功さんが放送禁止用語を発してしまったようです。

 

橋爪功さん、普段はいぶし銀のいい意味で目立たない俳優さんだが、息子の不祥事にNHKでの放送禁止用語発言、たまに世間を騒がせてしまう。

 

橋爪功「世間様をお騒がせして、申し訳ございませんでした。」

 

しかしお辞儀しながらも、注目されて案外悪い気はしていない橋爪さんであった。

 

悪気はない

この世代の人は悪気なくこういう言葉を使ってしまう。

例えば我々が今よく使っているような馬鹿とかだって、将来的に差別用語として認定されるかもしれない。そんなバカなと思う方もいるかもしれませんが、馬や鹿にかわいそうだと禁止になる可能性だってない話じゃありません。

日々変化していくルールに完璧には対応できないってことですね。人間ですから間違いは起こしますし、昔からの人については大目に見てあげないと、本当に堅苦しい世の中になってしまいます。

確か橋爪さんは「バカチョ〇」といってしまったんですかね。勿論発してはいけない言葉ですし、テレビに出る以上その辺のルールはきちんと把握しておくべきでした。それでも苦労して積み上げたキャリアをそれだけでふいにしてしまうようなことはあってはならないですし、これ以上大きな問題にならない事を私は願っております。

この方は息子さんも逮捕されてたんですよね。いぶし銀のいい役者さんという印象なんですが、私生活では割とファンキーなのかもしれません。私の記憶では橋爪功さん本人も逮捕されたとインプットされていたんですが、記憶違いでした。友人何人かに橋爪功は逮捕された人と誤った情報を流してしまったかもしれません、申し訳ございませんでした。

 

お風呂

公共のお風呂は男子用、女子用と分けられおり、明らかに区別されてますが、誰も文句を言いません。俺も女子風呂に入れろなんて男が現れたたところで誰も支持しません。

区別しつつも誰にも差別と文句を言わせない、世の中の多くのことは区別すると差別だと文句を言う人が出てくるので、お風呂という完成された区別空間を教科書にするのも一つの手ではないでしょうか。

 

差別問題

橋爪さんの発言はアウトだと思います。ただもっと他の、重箱の隅をつつくような差別への指摘が世の中には数多くあって堅苦しく感じています。(デリケートな話なので例は敢えて出しません。)

物凄い敏感になってますよね。そのうち人種や文化の違う人間としゃべるのが窮屈になってしまうかもしれません。で今度はしゃべらなかったらしゃべらなかったで何でしゃべらないんだ差別だと言われてしまいそうです。

※勿論一番いけないのは差別する人ですし、差別された側の人たちには何の落ち度もありません。

差別は絶対にいけませんけど、絶対に無くならないものでもあるので、表面を綺麗にしたところで根本的な解決になるのかなと思ってしまいますね。犯罪なんかは思うか思わないかでなく、やるかやらないかが大事なので締め付ける事は意義があると思うのですが、差別に関しては心でどう思うかなので、キツく取り締まり過ぎるのは反発を招いて逆効果のような気がしてしまいます。

-俳優

Copyright© 漫画ワイドショー , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.